不動産名義変更には税金がかかる

相続による不動産名義変更することを、相続登記と呼ぶそうです。

司法書士事務所に行って、まずいちばんに言われたことが相続税のことでした。

司法書士費用をすぐ払うように言われるのかとおどおどしていたら、そうではありませんでした。

相続をする金額によっては、司法書士費用の何倍もの税金がかかることもあるそうで、「税金のことも検討して行きましょう。」と優しく諭されました。

司法書士事務所の人って、いわゆる上から目線で物を言われるとばかり思っていましたが、そんな態度は全くなく、とても穏やかな相談しやすい人で安心しました。

不動産名義変更登記には、登録免許税という税金がわずかにかかります。

また、相続税は気にする必要が全くありませんでした。

と言うのも、相続した不動産の取得金額が基礎控除額以内だったからです。

資産家と呼ばれる人ならかかりますが、私は資産家からは程遠いので(笑)

This entry was posted in かかる費用について. Bookmark the permalink.

Comments are closed.