不動産名義変更の放置は結果的に損をする

司法書士事務所の人から不動産名義変更相続登記をすることで、教えてくれたことがあります。

「不動産名義変更登記をしないでそのまま放っておくと、結局損をする。

」ということ。

これは、不動産名義変更をしないでそのまま放っておくと、相続する人がネズミ算式に増えていくから手続きができなくなるそうです。

相続登記するには、相続する全ての人の実印と印鑑証明書が必要で、相続する人が増えていくと話にも乗ってくれない相続人が出てきて手続きができなくなるということ。

また、「印鑑が欲しかったらそれなりのお金がいる。」と金銭を要求する相続人も出てくる可能性あり。

相続人同士の話し合いで解決しない時には「裁判所」で。

さらに、相続人が増えていけば、行方不明で消息がつかめない。

こんなリスクがあるために、「放っておくと損をする。」そうです。

私の場合は、家族数人だったので心配無用でした。

This entry was posted in 損をすること. Bookmark the permalink.

Comments are closed.